ウサギのまーさん

ネットの普及が広告代理店外しを促進

2014年8月27日(水曜日) テーマ:NEWS

先に私は「予算が潤沢なら、まずは大手の広告代理店に声をかけることをお薦めします」と書きました。ところが広告代理店を通さずに映像制作会社に直接依頼したいと考えるクライアントが増えています。その第一の原因は、インターネットの普及と考えてまず間違いないでしょう。
映像制作会社は下請けで仕事をもらう事が多いので、インターネットが普及する以前は、電話帳にすら掲載していない会社が多数派でした。ですからクライアントが直接映像制作会社に依頼しようとしても、自力で適切な会社を探せる確率は低かったのです。
また映像制作会社も、自社で大規模な営業を抱え、高額な予算を組んで広報戦略を打つよりも、数社の広告代理店やテレビ局とべったり仲良くしていたほうが仕事を取るための効率が良いという事情もありました。
ところが今はどの会社もウェブサイトを持つ時代です。そもそも映像制作会社は下請けの存在ですから、本来はウェブサイトを持ってもあまり意味が無いのですが、「コストがかからないので一応作っておくか」という程度の感覚でウェブサイトを開設する映像制作会社が多くなりました。そしてこのウェブサイトが窓口になって、クライアントが直接、映像制作会社を探せるようになったという経緯があるのです。

http://www.bb-airsoft.com/